前回からの続きです。

では作りはじめましょう!今回は生地作りです。生地は味の土台作り、大事な工程ですね。

まずはボールにお好み焼き粉、卵、お水、そして山芋パウダーを投入!

 IMG_0027

続いてこれらを泡立て器でかき混ぜます。

最近の市販のお好み焼き粉はよくできていてまずダマになることはないですが、それでもしっかりかき混ぜましょう。シャカシャカと。こんな感じになるまで。

IMG_0028

次は野菜を切ります。

僕はキャベツの甘み・食感が大好きなので、ざく切りにします。

こんな感じで。

IMG_0029

続いてネギ、そして紅しょうが。

紅しょうがはみじん切りがオススメ。

IMG_0030

IMG_0031

ここで隠し味投入第1弾!

イカフライ菓子を袋を開けずに両手でぐしゃぐしゃに砕きます。

IMG_0032

因みに隠し味第1弾と申し上げましたが、イカフライ菓子は隠し味第2弾としても後ほど投入しますので、多めに(僕の場合はこの6人前用に二袋)購入しておいてください。
これらをボールに投入!

IMG_0034

いい感じです。

で、これを菜箸でかき混ぜます。しっかり腰を入れてかき混ぜましょう。

で、こんな風になりましたでしょうか?

IMG_0035

ここで水っぽい感じがしたらお好み焼き粉を追加投入、逆に粘り気が少ない感じだと水を足す、こんな感じで調整します。今回は水洗いした野菜の水分が多かった為、やや水っぽかったのでお好み焼き粉を追加投入しました。
ただお好み焼き粉は熱すると膨らみますので、感覚的にはキャベツなどの具材がといたお好み焼き粉にどっぷり浸かってるというよりは写真のように具材の姿形が感じられるくらいの方が良いかなと思います。
お好み焼き屋さんで食べる時って、といたお好み焼き粉が少し少ないのでは?と感じませんか?
あれより少し多いくらいのイメージです。

IMG_0036

こんな具合で生地ができました。

とてもいい感じです。

生地が多すぎ、あるいは肉が思ったより少なかった。このいずれの場合でも生地が余ることがありますが、こうやってしっかり生地を作っておけば、肉なしで生地だけで焼いても十分美味しいです。子供のお弁当のおかずにもできますよ。

なので生地作りはしっかりいきましょう!

次回は焼く前の最後の仕上げ、肉を切ってホットプレートの準備です!

to be continued,

ヘタクソパパサーフィン
ヘタクソパパゴルフ
ヘタクソパパコーチ